News/ニュース

2019年シーズンのレース活動を発表

_ja_photo_2019_c190111b_print_c190111b_005H.jpg1月11日、ホンダが千葉県の幕張メッセで開催されている「東京オートサロン」で、2019年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画を発表しました。塚越広大はBertrand Baguette(ベルトラン・バゲット)選手と組み、KEIHIN REAL RACING(ケーヒン・リアル・レーシング)からスーパーGTの500クラスに参戦。前年同様に17号車のNSX-GTをドライブすることになりました。スーパーフォーミュラに関しては、現在のところは参戦することは決まっていません。塚越広大は、2019年のレース活動について以下のようにコメントしています。

「2019年も引き続きKEIHIN REAL RACINGからスーパーGTに参戦します。チームメイトはこれまで3年間力を合わせてともに戦ってきた小暮さんに代わってバケット選手と組むことになります。チームにとっても僕にとっても今までとは違うチームメイトと組むことになりますので、すごくフレッシュな年になると思います。バケット選手は日本でのGTの経験がありますし、すごくフランクなドライバーです。僕も何度か話したことがありますが、これまでタイヤメーカーが違っていたので、それほど接点はありませんでした。バケット選手は17号車をドライブするのをすごく楽しみにしています。

2019年はシーズンを通して強くなるためにはどうしたらいいのか、ということを常に意識しながら戦っていきたいです。2018年シーズンは開幕戦で優勝しましたが、チャンピオンを取る力はなかったと思います。今年は1回勝つというよりも、タイトルを取るために何が必要で、どういうレースやドライビングをしていけばいいのかということをしっかりと考えて戦っていきたいです。そのために精いっぱい頑張りたいです。

スーパーフォーミュラは10年間走ってきましたが、現段階では2019年シーズンに参戦することは決まっていません。すごく残念ですが、僕としてはいつでもフォーミュラで戦える準備をしっかりとして、チャンスがあればしっかりと走れる場所を見つけられるように活動をしていきたいと思っています」