News/ニュース

スーパーGT最終戦を終えて。

G_Final111111.jpgツインリンクもてぎで開催された第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」で、スーパーGTの2018シーズンは終了しました。KEIHIN REAL RACINGの塚越広大と小暮選手はドライバーズ・ランキング7位、KEIHIN REAL RACINGはチーム・ランキング6位でシーズンを終えました。最終戦を終えてのコメントです。

塚越広大「スタート直後の1コーナーで軽く他のマシンと接触したことが影響なのか、まだはっきりしていませんが、フロントのボンネットが外れかかってしまい、緊急ピットインをすることになりました。これで最後尾までポジションを落とし、チャンスを逃しました。その後も少しでも上位のマシンに追いつくために僕も小暮さんも懸命に走りましたが、同一周回でフィニッシュすることが精いっぱいでした。こんな形でシーズンを終えることになり、本当に残念としか言いようがありません。

2018年を改めて振り返ると、開幕戦の岡山で優勝し、いい形でシーズンに入ることができました。NSX-GTは特にエンジンが大きく進化しており、ほとんどのサーキットで速さがありました。タイトルを獲得するためには、どのレースでも大きく崩れず、シーズンを通してポイントを獲得していくことが大事でした。その安定感に関しては、チャンピオンを獲得した100号車やチームランキング3位の8号車と比較して、足りませんでした。それが最終戦のもてぎを含め、今シーズンの結果に反映されていると思います。僕自身はもちろんですが、チームとしての力不足を痛感しています。2018年シーズン、タイトルを獲得できませんでしたが、KEIHIN REAL RACINGを応援していただき、本当にありがとうございます。僕とチームを支えてくれたすべての方に改めて感謝の言葉を述べたいと思います」