News/ニュース

スーパーGT最終戦もてぎに向けて。

今週末、2018スーパーGTのシリーズ最終戦、第8戦『MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL』が栃木県のツインリンクもてぎで開催されます。前戦の第7戦オートポリスの結果で、残念ながらタイトル獲得の可能性が消滅してしまったKEIHIN REAL RACINGですが、塚越広大は「開幕戦以来のシーズン2勝目を狙っていきます!」と力強く語っています。

「チャンピオン争いから脱落した状況で地元のもてぎに臨むことになり、すごく残念に感じていますが、最終戦ではとにかく勝つことにこだわっていきたいです。目標はポール・トゥ・ウインです。最終戦はホンダ勢を含めてタイトル争いをしているチームがいくつかありますので、そこに巻き込まれてしまうと、思い通りの走りができなくなる可能性があります。予選でポールポジションを取り、そのまま逃げてしまえば、(タイトル争いのことなど)他のことを気にせずに自分の走りに集中することができます。

今シーズンのNSX-GTはエンジンがすごく良くなっており、もてぎのような(ストップ&ゴーの)特性のコースでも十分に力を発揮できると思っています。まずは予選で最速タイム出してポールポジションを獲得できるようにしっかりと準備していきたいです」