News/ニュース

スーパーフォーミュラ最終戦を終えて。

鈴鹿サーキットで10月28日に開催された第7戦「第17回JAF鈴鹿グランプリ」で、全日本スーパーフォーミュラ選手権の2018シーズンは終了しました。REAL RACINGの塚越広大は開幕戦と最終戦で6位に入賞しドライバーズ・ランキング13位、REAL RACINGはチーム・ランキング10位でシーズンを終えました。最終戦を終えてのコメントです。

塚越広大「今シーズンの終盤は予選で連続してQ3に入ることができていましたが、最終戦の鈴鹿でも確実に速さを発揮して、これまでよりも楽にQ1(2番手)とQ2(3番手)と突破することができました。マシンは確実によくなっており、決勝も上位グループの中で戦うことができ、これまでよりも一つ上のレベルで戦うことができたという手ごたえがありました。特にタイヤの使い方をつかむことができたのが大きいです。でもチャンピオン争いをしていたチームは、そのあたりのノウハウをかなり前につかんでいたと思います。その差がレースの結果に反映しており、今シーズンの成績が僕たちの今の実力だったと感じています。

最終戦(6位)と、今シーズンの両方の結果(ドライバーズ・ランキング13位)には満足していません。シーズンを通して上位グループで戦い、チャンピオン争いができなかったという悔しさはあります。ただ一方で、チームも僕も開幕時点からは大きく進歩し、最終戦には上位勢に追いつくところまで力をつけてきたという思いがあります。あらためてシーズンを振り返ると、開幕戦と最終戦がともに6位という結果ですが、同じ6位でも内容が大きく異なっています。最終戦の鈴鹿はよりレベルの高いところでつかみ取った結果だと思っています。

2019年はマシンもタイヤも新しくなりますので、今シーズンつかんだノウハウはそのまま活かすことはできません。チームも僕も改善すべき点はいくつかあります。でも今シーズン終盤の調子を維持していけば、必ず結果が出せると思っています。

最後になりましたが、2018年シーズンもたくさんの応援やご支援をいただき、本当にありがとうございました。サーキットでの皆様の声援やサポートは僕にとって大きな力となりました。心より感謝を申し上げます」