News/ニュース

スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿は6位。

sf181028007L.jpg10月28日、三重県の鈴鹿サーキットで2018全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦、第7戦「第17回JAF鈴鹿グランプリ」の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は6位でした。

スタート時のタイヤ選択は分かれ上位グリッドでは予選上位3台はソフトタイヤ、4番と6-7番グリッドのマシンはミディアムタイヤを選択。予選5番手の塚越広大はソフトタイヤを装着してスタートし、2周目の1コーナーで1台をパスして4番手に浮上。12周目終了時にピットストップを行いました。

ミディアムタイヤを装着して13番手でコースに戻った塚越広大は、前を走るマシンのピットストップに伴い順位を上げていましたが、レース終盤にピットストップを行った2台に逆転されました。しかし、そのうちの1台がタイヤトラブルに見舞われスピンしながらクラッシュしてストップ。1つ順位を上げた塚越広大は、全車がピットストップを終えた35周目で5番手でしたが、36周目の2コーナーで1台にパスされて6位でフィニッシュしました。

この結果、塚越広大はドライバーズランキング13位、REAL RACINGはチームランキング10位でスーパーフォーミュラの2018シーズンを終えました。