News/ニュース

2018年9月アーカイブ

gt180916007L.jpg9月16日、宮城県のスポーツランドSUGOで2018スーパーGT第6戦「SUGO GT 300km RACE」の決勝が行われ、塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは9位でした。

予選4番手のKEIHIN NSX-GTは小暮選手がスタートドライバーを担当。序盤は4番手を走行していましたが、6周目のSPコーナーでオーバーラン。ポジションを下げて10番手走行中の29周目にピットストップを行いました。その後、GT500クラス全車がピットを終えた段階で12番手、64周目には11番手に上がりました。

67周目、GT300クラスのマシンがコースアウト。クラッシュしたマシン回収のため70周目からセーフティカー導入され、メインストレート上で各クラスごとに隊列を整えて、レースは残り6周で再開されました。リスタート後、他車のドライブスルーペナルティでKEIHIN NSX-GTは1つポジションを上げて10位でチェッカーを受けましたが、レース後にタイム加算ペナルティを科せられたマシンがあり、KEIHIN NSX-GTは9位に繰り上がりました。

塚越広大「今回のSUGOはチャンピオンシップを考えるとすごく大事なレースとなります。SUGOとNSX-GTは相性のいいコースですが、僕たちのマシンにはかなりウエイトハンデ(76㎏)がありますので、いかに上位で入賞し、多くのポイントを積み重ねるのかが今回の目標でした。また今回からNSX-GTは重量変更が実施され、10kg増加されることになりました。重量増加の影響を一番受けるのはハードブレーキングの時ですが、SUGOはそういうコーナーがほとんどなく、中高速コーナーが多いサーキットです。重量増加の影響は、それほど大きくありませんでした。

土曜日のフリー走行は雨が降ったり止んだりするコンディションの中で行われましたが、いいペースで走ることができませんでした。そんな中で予選を迎え、僕はQ1を担当しました。最初のアタックでは前のマシンがスピンしたり、その後はアタック中に赤旗が出たり、思うように走ることができませんでした。それでもセッションが再開した後の限られた時間の中で、トップタイムを出すことができました。そして小暮さんも4番手のタイムを出し、いい流れを引き寄せることができたと思いました。

ところが決勝では6周目でコースアウトを喫して大きくポジションを落とし、集団に埋もれてしまいました。僕が担当した後半のスティントでポジションを上げるために全力で走りましたが、マシンのペースにやや欠けていました。最終的に9位でポイントを獲得することができましたが、本来はもっとたくさんのポイントを稼げたと思いますので、すごく残念です。

今シーズンのスーパーGTは残り2戦となりましたが、タイトル獲得のためにはこれ以上取りこぼしはできません。チームとともにしっかりと戦っていきます」

gt180915008L.jpg9月15日、宮城県のスポーツランドSUGOで2018スーパーGT第6戦「SUGO GT 300km RACE」の予選が行われました。塚越広大と小暮選手のKEIHIN NSX-GTは予選4番手でした。

予選はノックアウト方式で、GT500クラスでは全車が出走するQ1の上位8台がQ2に進出できます。

KEIHIN NSX-GTはQ1を塚越広大が担当。5番手タイムを刻んだところで、1台のマシンがコースアウトしてストップ。ここで赤旗中断となり、セッションは残り時間2分45秒で再開されました。再開後、塚越広大が1分11秒021のトップタイムをマークしてKEIHIN NSX-GTはQ2進出を決めました。

Q2では小暮選手がアタックを担当してベストタイムは1分10秒652。KEIHIN NSX-GTは予選4番手と好位置につけました。

9月15日~16日、宮城県のスポーツランドSUGOでスーパーGT第6戦『SUGO GT 300km RACE』が開催されます。このSUGOでのレースを含めて今シーズンは残り3戦。タイトル争いでランキング4位という好位置につけているKEIHIN REAL RACINGにとっては大事な1戦となります。塚越広大は「SUGOは相性のいいコースですので、いい結果を残したい!」と力強く語っています。

「今回のSUGOはチャンピオン獲得のために重要なレースになりますし、チームのスポンサーであるKEIHINさんの地元でもありますので、僕たちにとってすごく大事な一戦になります。SUGOは76kg以上のウェイトハンディがありますが、僕たちのマシンと相性のいいコースです。上位入賞のチャンスは十分にあると思っています。

レースウィークにはKEIHINさんの応援団がたくさん駆けつけてくれると思いますので、皆さんの前で少しでも上位でフィニッシュし、みんなに喜んでもらえるような戦いをしたいですし、チャンピオン争いにもいい弾みをつけたいです!」

sf180909011L.jpg9月9日、岡山県の岡山国際サーキットで2018全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝が行われ、REAL RACINGの塚越広大は12位でした。

決勝日もウェットコンディションとなった第6戦。雨のなか行われた午前のフリー走行で塚越広大はクラッシュし、エンジンを交換したため10グリッド降格。予選7番手でしたが17番グリッドからのスタートになりました。

朝から降り続く雨は時折強さを増し、決勝はスケジュールが何度か変更され最終的に14時55分スタート。当初予定していた周回数68周から54周(もしくは最大レース時間70分)にレースフォーマットも変更されました。

レースはセーフティカー先導で始まりましたが1台のマシンが発進できず隊列の最後尾へ。これで塚越広大は16番手で走行を続けました。しかし、7周目に赤旗が提示されセーフティカー先導の周回は中断されました。

その後、16時10分に残り時間51分で、再びセーフティカー先導でレースは再開されました。セーフティカーは12周目終了時に退き、本格的にレースはスタート。16番手の塚越広大は一時18番手に後退しましたが、18周目には16番手にポジションを戻しました。23周目、2台が接触してスピン。コース上に落ちたパーツ回収のため再度セーフティカーが導入され、この時点で塚越広大は14番手でした。

レースは27周目に再開。14番手でリスタートした塚越広大は、31周目には13番手に浮上。しかし、スピンしてコース上に止まったマシン回収のため再度セーフティカーが導入され、セーフティカー先導で周回していましたが、制限時間を迎えたことからレースは34周目を終えたところで終了。塚越広大は13位でチェッカーを受けましたが、レース後にタイム加算のペナルティを受けたマシンがあり12位に繰り上がりました。

塚越広大「予選からマシンの調子は決して悪くなかったです。ポールポジションを獲得した選手とのタイム差がありましたが、3戦連続でQ3に残ることができました。

決勝日は激しい雨となり、午前のフリー走行でクラッシュを喫してしまいました。ハイドロプレーニングが原因で、自分としてはどうすることもできませんでした。クラッシュの際にエンジンやマシンの各部にダメージを受け、エンジン交換を余儀なくされましたが、メカニックの皆さんが迅速な作業をしてくれ、決勝に出走することができました。チームのみんなには感謝しています。

決勝レースはエンジン交換のために10グリッド降格になってしまいましたが、雨でのペースは悪くなかったです。ただ僕のポジションは水煙も激しかったことに加え、タイヤのウォームアップにも苦労し、思い通りに走ることはできませんでした。しかもレースの周回数や時間が短縮され、さらに赤旗中断などもあり、なかなか順位を上げるチャンスがなく、苦しいレースになってしまいました。

今週末(9月15日~16日)にはスーパーGTのレースがスポーツランドSUGOで開催されますので、気持ちを切り替えて臨みたいです。スーパーGTはタイトル争いで重要なイベントになりますので、しっかりと結果を残したいと思います」

9月8日、岡山県の岡山国際サーキットで2018全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の予選が行われ、REAL RACINGの塚越広大は予選7番手でした。

予選はノックアウト方式で行われ、全車が出走するQ1の上位14台がQ2へ。Q2の上位8台がQ3へと進むことができます。

予選開始時にはほとんど上がっていましたが、朝からの雨によりウェットコンディションでスタート。Q1は途中でコースアウトした2台のマシンがストップし赤旗中断を挟みましたが、塚越広大は1分27秒057の3番手タイムでQ2進出を決め、Q2では1分26秒545で7番手となってQ3に進みました。Q3では早めにアタックを行いベストタイムは1分25秒429で7番手。決勝は7番グリッドからのスタートになります。

1